読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフォー列車

鉄路の旅を渇望しているあなたへ。現代の『阿房列車(あほうれっしゃ)』(内田百閒先生著)を目指します!

583系ありがとう!

春なのにお別れですか〜、と歌ったのは柏原芳恵ですが、2017年4月8日に583系がとうとう引退するのだそうです。寂しいですけど、これまでよく頑張ったと感謝の言葉を贈りたいと思います。

1980年代の初頭、中学生だった私はひとりで名古屋駅から博多駅まで寝台特急「金星」に乗りました。ずいぶん前の話ですが、これが私にとっての最初で最後の583体験でした。

東京だと583系は「はくつる」や「ゆうづる」としての馴染みがあるためか、個人的には北行きというイメージがあります。

でも大阪だと583系は「明星」、「彗星」、「なは」など九州行き寝台特急としてたくさん走っており、それをずっと羨ましく見ていました。

子供としては、手を伸ばしても届かない憧れの異文化みたいな感じで遠くから見ていました。

いざそれに乗れるという段になって、よりによって名古屋発の孤高の寝台特急「金星」を選んだのです。なんともシブい列車を選んだものです。「金星」はその後、数年内に廃止されてしまいました。

それもこれも、今となってはいい思い出です。「金星」に乗れてよかった。ありがとさん、583系。

f:id:wasabidon:20170227024212j:plain

 九州鉄道記念館に583系の原型、581系の先頭車「クハネ581-8」が静態保存されています。やっぱり581/583系は「月光」のヘッドマークがお似合いですね。2011年筆者撮影。